topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --:-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のおでかけとペットショップの生後1ヶ月の仔犬。 - 2011.07.25 13:37 Mon


台風が過ぎ去ってからなんだか涼しい今日この頃。

昨日の朝の天気予報は
曇り 最高気温29度。

ぉ。
じゃあフィラリアのお薬をもらいに行って
久しぶりにドッグラン行こうか~ とお出かけしてきましたの。






せっかく病院に行くので
とらまるくんは肛門腺絞りに耳掃除。
かれんは肛門腺絞りと爪切りをお願いしちゃいました。

まずは病院に行っても穏やかにしてくれるとらまるくんから。
肛門腺絞りは家でシャンプーする時にもやるんだけど
まーよく溜まるらしくて週1で絞ってもタップリ。
耳掃除は家でもやるんだけど遊んじゃうのよね。綿棒やコットンと
だからこういう時にしっかりやってもらわなくちゃね。


そして問題児なかれんぼん。
もう病院の方々も承知で、診察室には既にエリカラが用意されています
エリカラを看護師さんが着けようとすれば威嚇ガウ
分かってはいても毎度挑戦してくれる看護師さん、ほんとゴメンナサイ。。。
なので、エリカラはあたしが装着。(あたしが付けると何故かガウってしないのよね。)

それから診察室はかれんの悲鳴で大騒ぎです。
肛門腺を絞ろうとすれば
「あたちのそんなとこ何触ってんのよ~!!!」と泣くは暴れるは・・・

爪切りも肛門腺絞り同様、いやそれよりもっと死にそうな形相で
うぎゃああああああ、いやああああああ!!!!と
必死に目の前のあたしに助けを求め(てるような目をしているw)
その様子を「そんな大騒ぎしなくたって大丈夫だから~」と大笑いするあたし。
(ヘタに可哀想ね~、って同調するほうが良くないと思ってね。)

犬の悲痛な叫びに、大笑いする飼い主。
診察室の外で待っている他の患者さんからしたら
どんな痛い治療されてるのかと
なんで悲鳴をあげる我が子を大笑いしてるのかと、さぞ不可思議なことでしょう

ま、それも一時。
「よ~し!みんな頑張ったな~!!」と褒めたら、向かうはドッグラン。

着いてみたら。

・・・・・誰もいない・・・・・
(いや、遠くに1組の家族がいただけ。)

そりゃそうよねぇ。
夏の昼間なんて暑いもんねぇ。
でも、今日は曇りであんまし暑くないって言ってたのにねぇ。
予報に反して快晴で暑くなっちゃったもんねぇ。

で、結局ほとんど走り回ることなく

110725_1
ベンチの少ない陰で休憩。。。

110725_2
まるこは伸びたきり、たまに動いたかと思ってもホフク前進(汗

何組かの家族が来ては、数十分で帰っていくところを見送り
私たちも早々に退散いたしました
それでも1時間くらい居たのかしら。
こちらが立ちくらみするくらいだったから犬からしてみたら相当暑かったわよね。
ゴメンよ、今度は確実に涼しい時に来ようね。



家に帰ってチビコたちの足洗いのあと
パパさんと食料品の買い物に出かけた途中。

近所に生体販売もしているペットショップがあるのです。
ちょうど通りかかった時に店の自動ドアが開いて、見えたのが
どうにも小さすぎる気がする、ケースに入っている仔犬。

なんか気になって仔犬たちを見に中に入ってみたのです。

全国各地が出生地の仔犬たち。
その子のほとんどに何かしらの疾患があって
明るいガラスケース越しに「キャー、この子小さくて可愛い!」と話す声。

最初に目にとまったのが
6月1*日生まれのミニピン。

もうなんか一気にいろんなことが頭をよぎって
やっとパパさんに言ったのが「なんで、こんな小さな子がここにいるの・・・?」

生後1ヶ月ちょっと。
本当ならお母さん犬と兄弟たちと遊びながら色々勉強している頃のはず。
その子がこのケースの中に居るってことは
いつ親から引き離されたの?
親兄弟と遊べる環境で生まれてこなかったってことなの?
今ここにいて大切なことが学べるの?

他にも似た月齢の子が何頭か。

その周りに大きな声で叫ぶ子供たち。


それから買い物に行って
普通に過ごしてその子達のことを考えなかったけど
1日経って、やっぱりモヤモヤが残ってて。
愚痴のようにツイートしちゃいました。

たまに、
こういう考え方を、人に押し付けるつもりは毛頭ないんだけど
声を発することで結果的に
押し付けることになってしまっているのかな、と悩んだりもします。
今の日本の大多数の人が疑問に思わないことに疑問を持って
疑問を持たない人に、私はこう思う、と(それもかなり強い思いで)いうことは
相手にとってはただ鬱陶しいことなのかもしれないと思ったり。

なんとなくそんな葛藤もある昼下がりなのでした。


● COMMENT ●

なんともやるせないですねぇ。自然界で保護者が突然いなくなるケースは当然あるのでしょうが、人間が利益の為にそういう状態にするのは見ていて腹立たしいですね。誰かが「人間の傲慢さは嫌いだ」とリプライしていましたが、私も同意ですなぁ。
小動物が死にたくなるほど好きですが、写真撮るだけで、もう飼うことはないでしょうな。。
ツイートに関して鬱陶しいなんて思いませんよ。少なくとも押しつけられたとも感じませんでしたし、あのツイートはどこかしらのタグ付きにすればよかったのにwなんて思ったくらいです。
どちらかというと真面目な発言を避けているアカウントなんであまり反応できませんが(ぉぃ)
ワンコ初心者としては、こういうブログは参考になります。それでとても気になったのですが、仔犬を見て「なにかしらの疾患がある」って、すぐに分かるものなのですか?

ぱんださま

私も「人間の傲慢」で命を売り買いするのには顔をしかめてしまいます。
それが利益のためだけに行われているのなら尚更。
ただ、本当に動物のことを考え、愛情を持ってブリードする人たちがいることも忘れちゃいけなくて
その方たちが育てた仔犬を迎えたいと思ったときに
その労力や愛情にその対価を支払うことまで悪いと言うつもりはないんです。
だから仔犬から育てたいと思った時に"購入者"であるほうが
きちんとした知識と見る目が必要だとも思うんですよね。

ツイートに関しては、そう言ってもらえると救われます。
どんなきっかけで知り合ったかでやっぱり持っている興味が違うので
私の興味を強く晒しちゃうと迷惑かな?って思って。。

この件のショップでは生年月日などのプロフィールのところに疾患名が表示されているんです。
(それも疾患名が印刷されていて○をつけるようになっている時点で
 疾患があって当然、と言っているように見える)
まぁ、疾患名を公表してるだけでも親切なのかもしれないけど。。。
ただ、それだけじゃ分からない疾患と言うと、ミスカラーのこと。
「珍しい毛色ですよ!」=ミスカラーなことが多いし
ティーカッププードルや豆柴という犬種がないということでさえショップでは教えてくれなかったり。
(逆にその名をいい事のように使ってることが多い気がする)
言い出すとキリがないのでこの辺にしよう。

まだ飼い主歴も2年半ほどでまだまだヒヨッコで
かいつまんだ知識しかないけど、参考になるって言ってくれてありがとう。
おかーさんはチビコたちが快適に暮らせるようにまだまだ頑張っちゃうぞ~!!

おかーさんがんばってねんっ!キャピ

スーパーサイヤ人なおとーさん

おとーさんもスーパーサイア人ぽく頑張ってね!(;`・д・´)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ayumichael.blog33.fc2.com/tb.php/269-871fe24f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夏休みは帰省しちゃいます。 «  | BLOG TOP |  » 夏が来たよ。熱中症に気をつけませう。

 Profile

AMU

Author:AMU
 30代。そこそこいいオトナ。
 チビコたちの健康と躾に右往左往
 鋭意奮闘中。
 毎日このコたちとぬくぬくしてる
 だけで幸せ。

 とらまる(虎丸)Profile

ミニチュアダックス ♂ 5.8kgくらい
天然ボケ、マイペース、気分屋さん
好奇心旺盛、少々のコトは気にしない
そのくせ結構デリケート
吠えることはほぼ皆無。
特技:舐め回し・鼻鳴き
好き:みんなでお散歩・ワンコ・人
嫌い:ケージの柵・一人ぼっち

 かれん(華蓮)Profile

ミニチュアピンシャー♀ '06頃生まれ
縁があって里子で我が子になった
体重2.5kg@適正 の小さな子。
仔犬のような可愛らしい風貌で
世間を惑わすも実は気の強いオバチャン
警戒心強め、攻撃性少々。
ダメだと分かると諦めは早い。
特技:ガニ股・ハイジャンプ・布団もぐり
好き:ピッピのおもちゃ・食べ物全般
嫌い:肛門腺絞り・ドライヤー

 Calendar

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

 Recent article

 Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

 Category

 Link

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

ブロとも申請はコチラ

 メールはこちらから



 ブログ内検索

 RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。