topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --:-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かれんのその後。 - 2010.06.23 13:25 Wed


かれんにカブっと噛まれて10日ほど。
あとは皮一枚被れば完治というところまでになりました。

傷の治癒に比例するかのように
かれんの扱いに悩んだり挑戦したりしてました。

かれんは今日も元気です。

(今日も文字が多いです。ゴメンナサイ)






かれんがパニックを起こしちゃった日から
『どうしてパニックを起こすんだろう?』
『何がいけなかったのか?』
『また噛まれたらどうしよう』
『どうやって触ったら、抱いたらいいんだろう』
って答えの分からないことをぐるぐる考えていたら
私が弱気になってしまって・・・

こんなおどおどした気持ちでかれんと接したら
かれんにも伝わるだろうから更に不安と恐怖を与えてしまうのでは?と思い
手がうまいこと使えないのを理由に
私の気持ちが落ち着くまで
パパさんにかれんの世話や家事を沢山手伝ってもらいました。。。


まずは以前嫌がったお腹を触るところから始めて

今回はお腹触っても『うひゃひゃっ』って言わなかったよ。
さっきはちょっと『うひゃ』ってなっちゃった。
そんなことを繰り返して。

散歩のあとの足洗いも
いつもは抱えて洗面で洗っていたのを
(この洗い方は結構嫌がっていたので)
お風呂場で目線を揃えるようにして洗面器に溜めたお水で洗うようにしてみたり。

手足を洗われるのは嫌がるけれど
タオルで身体を拭かれるのは気持ちよさそうなので
火照ったお腹を中心に冷たいタオルで冷やしてあげたり。

雑になっちゃってたお手入れ&スキンシップを
もう一度初心に戻ってすることにしました。

ここまでで、まだ抱くことはしていません。
まだ私の心の準備が完全ではなかったから・・・


そんなこんなで気付けば
明日には予約していた一泊旅行の日。

かれんを連れて行くか、病院に預けるか。

必要な時に身体を預けて(抱かせて)くれるという自信が持てなかったので
当日に急遽病院に電話してかれんを預かってもらうことにしました。

預けることでまたかれんのストレスになってしまうのかな、と
心配は絶えないけれど
私たちがまだ完全にかれんを制御できないことを考えると
旅の先のホテルの方や、出会う人たちに何かあってはいけないので
今回の状況を見て知っている病院の先生に託すのが一番良い方法だと思って。


一泊旅行から戻って
病院に迎えに行って、一日ぶりに会ったかれんは・・・

尻尾、んーん
体全体を振ってこれでもかって言うくらいの笑顔で迎えてくれました。
『会いたかったよおおぉぉ~~』って言ってくれてるみたいに。

病室の奥で『キャン!!』って聞こえたかれんの声。
『まだやっぱり抱こうとすると怒っちゃいます・・・』と看護士さん。
『ケージに入れられるのが嫌だったんだねぇ。
 ずーっと緊張してた様子だったよ』と先生。

そんな会話をしてる間も
かれんは右に左に縦に横に飛び回って歓迎してくれて
やっぱりうちにいるのが安心できるのかな?とかとか
かれんを預けて出かけたこと、申し訳ない気持ちになっちゃいました。

一日ぶりに帰ってきた我が家で
とらまるとクンクン匂いを嗅ぎあったり
お気に入りの場所でくつろいでみたり
ご飯をモリモリ食べてよく出して膝で熟睡したり。


その翌日から
そっと体を触ったり
パパさんが体を抱き上げてみたりしても
あの痛がるような声を全く聞かなくなって。

噛まれてから旅行に行くまでは
マンションの規約に違反して抱かずに散歩に連れて行ってたのだけど
旅行の後の散歩では
『かれん、エレベーターだから抱くよ?』って言うと
自分から寄ってきて抱きやすいところに来てくれたり。

病院で教わったように抱き方は変えたけれど
抱くことで怒ったり声を上げることがなくなってて
私とかれんの壁をひとつ越えられた気持ちになりました。

だからといって
まだまだ気を抜かずに
嫌がるようなことは避けたり、嫌がる部分に触れることは少しずつですけども。


かれんも一泊預けられたことで
何か感じたのかもしれません。

私も旅行の間、かれんのことが頭から離れることはありませんでした。

病院に預けたことで
うまく言えないけど、なんとなく関係が変わったように感じます。


100623_1

かれんは畳む前の上掛けに埋もれるのが好きです。
そこに寄って行くと
何故か頭を差し出してお腹をゴロンと見せてくれます。


100623_2

撫でてるとそのままウトウトし始めちゃいます。



100623_3

そんな横では
とらまるが不貞腐れた顔で撫でられるのを待っています(´Д`;)



そうそう。
一泊旅行のお話は・・・

また後日にでも。


● COMMENT ●

AMUさん、おはようございます^^

一度「え?なんで?」って思うと悩んじゃいますよね(-""-;)

自分たちの接し方がこれでいいのか、ワンコが満足してるのか、と考えつつ
申し訳ないけど、人間のペースに合わせてもらいながら
毎日試行錯誤してます。
でもすぐすぐじゃないかもしれないけど、いずれはその生活ペースに
慣れてくれると信じてるから^^b

かれんちゃん、お腹見せるだけじゃなくて脚ぱっかーんしてて
すごいリラックスしてますね♪
AMUさんとパパさんがたくさんの愛情を持って接しているから
絶対大丈夫ですよ!!
過去にいろいろあったから時間がかかるかもしれないけど自信を持って
頑張って下さいねd(´ー`*)

ごまさま

返信遅くなっちゃってごめんなさい。

いきなりの事態で、今までになかったことだったので本当に悩みました。。。
でも何故か旅行の後はぜーんぜんあの声を上げることがないんですよ。
それを考えるとやっぱり我侭だったのかなー?と思ったり。
ただパニックになっちゃうのはあの後ないけども
また病院に行った時どうなのかな?って思ってます。
病院がトラウマになっちゃったら今後困っちゃうし・・・

なんかでも
お腹見せてくれるのを見てるとちゃんと愛情かけたら大丈夫なのかな?って
せっせと撫でたり声をかけたりしています(´∀`*)
まだかれんが来て5ヶ月ですもんね。
仔犬とは違って一度トラウマを持ってる子だし
ゆーっくり付き合っていこうと思います(o´・ω・)´-ω-)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ayumichael.blog33.fc2.com/tb.php/213-aa29dd78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おやつもおもちゃも欲しい。 «  | BLOG TOP |  » 我侭とパニック症候群。

 Profile

AMU

Author:AMU
 30代。そこそこいいオトナ。
 チビコたちの健康と躾に右往左往
 鋭意奮闘中。
 毎日このコたちとぬくぬくしてる
 だけで幸せ。

 とらまる(虎丸)Profile

ミニチュアダックス ♂ 5.8kgくらい
天然ボケ、マイペース、気分屋さん
好奇心旺盛、少々のコトは気にしない
そのくせ結構デリケート
吠えることはほぼ皆無。
特技:舐め回し・鼻鳴き
好き:みんなでお散歩・ワンコ・人
嫌い:ケージの柵・一人ぼっち

 かれん(華蓮)Profile

ミニチュアピンシャー♀ '06頃生まれ
縁があって里子で我が子になった
体重2.5kg@適正 の小さな子。
仔犬のような可愛らしい風貌で
世間を惑わすも実は気の強いオバチャン
警戒心強め、攻撃性少々。
ダメだと分かると諦めは早い。
特技:ガニ股・ハイジャンプ・布団もぐり
好き:ピッピのおもちゃ・食べ物全般
嫌い:肛門腺絞り・ドライヤー

 Calendar

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

 Recent article

 Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

 Category

 Link

このブログをリンクに追加する

 ブロとも申請フォーム

ブロとも申請はコチラ

 メールはこちらから



 ブログ内検索

 RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。